ブラジリアンワックスで徐々に生えてこなくなる?仕組みや効果、痛みは?

脱毛するのは抵抗があるけど、VIOラインのむだ毛を綺麗に整えたいという方に人気なのがブラジリアンワックスです。

 

ブラジリアンワックスは徐々に生えてこなくなる、とも言われているので、自然な形に整えられます。

 

では、どのような仕組みで効果はどのぐらいなのか、痛みなどに関しても見ていきましょう。

 

徐々に薄くなる仕組み

 

ブラジリアンワックスというのは、天然素材のワックスを使った脱毛法です。脱毛したい部位に、蜜蝋などで出来たワックスを塗り、固まったら剥がします。

 

ワックスがむだ毛を取りこんで固まることで、毛根からむだ毛を脱毛できます。もちろんこの方法は光脱毛と違い、毛根に直接ダメージを与えるものではありません。

 

しかし、繰り返し毛根から脱毛することで発毛機能が弱まるので、むだ毛の質が変わり、徐々に薄くなると言われています。

 

ブラジリアンワックスの効果

 

ブラジリアンワックスは根本から脱毛できますが、永久脱毛効果はありません。その理由は3つあります。

 

  • ダメージを与えても毛根は生きている
  • 抜くだけでは毛根組織を破壊できない
  • むだ毛の質は変わっても発毛機能が失われるわけではない

 

ブラジリアンワックスは、毛抜きよりも強い力で毛根からむだ毛を抜くことが出来ます。そのため、発毛機能を弱らせる効果は期待できます。

 

しかし毛根というのは、いくら大きなダメージを与えても簡単に破壊できるものではありません。ですので減毛効果はありますが永久脱毛の効果はないのですね。

 

痛みはどれぐらい?

 

痛みに関しては人によって感じ方が違うものの、初めての時はかなり強い痛みがあると言えるでしょう。口コミでは血がにじむという意見もあります。

 

と言っても、ワックスを一気に引きはがすので、ずっと痛いということはありません。むだ毛が細くなったり慣れたりすると、痛みも緩和されるようです。

 

ブラジリアンワックスは、永久脱毛ではないのでVIOラインの脱毛を試したいという方にはおすすめです。しかし毛抜きで抜くのと同じメカニズムですぐに生えてくるので、お手入れが面倒な方は脱毛の方が良いでしょう。

スピード脱毛