脱毛の気になる痛み・我慢することができるレベルなの?

脱毛したいと思っても、痛みが気になるという方も多いでしょう。脱毛の痛みに関する口コミを見ると、まったく痛くないという意見もあれば、ものすごく痛かったという意見もありますね。脱毛の気になる痛みは、我慢できるレベルなのでしょうか。

 

脱毛の痛みはどれぐらい?

 

脱毛方法の中で、もっとも痛みが少ないと言われているのが光脱毛です。と言っても、痛みの感じ方は人によって違うので、一概に痛いとも痛くないとも言えません。よく輪ゴムでパチンと弾かれるような痛みと言われますが、これも人それぞれに感じ方が違います。

 

ただし、どんなに痛みに弱い人でも、我慢できないということはほとんどないと言えるでしょう。実際に脱毛サロンに通う人が、痛みのせいで、途中で断念したという報告は、現時点では見当たりません。ですので痛みを感じるとしても、我慢ができるレベルと考えて大丈夫です。

 

また、ものすごく痛い場合は、施術を行っているスタッフに言えば出力レベルを低くしてもらえます。痛みというのは出力レベルの強さによって変わりますから、低くすればその分痛みも軽減されます。ですので痛みに関しては、あまり心配する必要はないと言えるでしょう。

 

痛みを感じる原因

 

光脱毛で痛みを感じるのは、光がメラニン色素に反応して熱エネルギーに変換されるからです。ムダ毛の黒い色に光が反応すると、熱が発生してムダ毛を伝わります。この熱が痛みの原因となるのです。

 

また色が黒く、吸収される量が多いほど熱量も増えるので痛みも強くなります。そのため、ワキ毛やアンダーヘアなど太いムダ毛の部分は痛みが強い傾向にあるようです。

 

ただし、光を照射した時に表皮が熱を感じるのは一瞬です。熱はすぐにムダ毛に吸収されて、一番奥の毛根組織まで到達するので、痛いと思った次の瞬間には熱さを感じることはありません。ただ毛根組織に伝わった熱はしばらくこもるため、痛みが続く時にはしっかり冷やしましょう。

 

脱毛は無痛ではできません。しかし、痛みに対する不安も原因となるので、心配しすぎないようにするのがベストです。

スピード脱毛