IPL脱毛とSSC脱毛は似て非なるもの!それぞれの特徴や違いとは?

脱毛サロンの施術方法はすべて光脱毛と言うイメージがありますが、内容を見てみると「IPL脱毛」と「SSC脱毛」というように種類が分かれています。どちらも光を使っているので似ていますが、脱毛法がまったく違うので特徴や違いをチェックしておきましょう。

 

IPL脱毛とSSC脱毛の特徴とは

 

どちらの施術方法も多くの脱毛サロンで採用されていますが、それぞれに特徴があります。IPL脱毛の特徴は、直接的な脱毛効果が期待できる「キセノンランプ」を使用していることです。

 

キセノンフラッシュランプは強い照射力を持っているので、出力レベルの高い波長を照射できます。その分、毛根へ強いダメージを与えられるため、毛乳頭細胞の働きを急激に低下させるのが特徴です。

 

SSC脱毛の特徴は、ほとんど痛みを感じることなく、発毛力を低下させられることです。SSC脱毛では、ムダ毛の発毛を抑える成分を配合したジェルを肌に塗布します。そこに光を照射するので、少ないパワーでも脱毛効果が期待できますから、痛みを最小限に抑えた施術が受けられます。

 

2つの脱毛法の違いとは

 

IPL脱毛とSSC脱毛の違いは、ムダ毛への脱毛効果です。IPL脱毛で使われるキセノンフラッシュランプは、メラニン色素に反応する波長が出ます。この波長は毛根に直接熱を与えられますが、メラニン色素が濃いほど強く反応します。

 

そのためワキ毛やVIOラインなどの濃くて太いムダ毛は、特に高い脱毛効果を得られます。その反面、色素が薄いムダ毛には反応しづらいため、うぶ毛や細かい手足の毛には脱毛効果が出づらいです。

 

SSC脱毛は抑毛ジェルによって発毛の機能を低下させます。さらに光の効果によってダメージを与えるので、2つの相乗効果で脱毛を促していきます。メラニン色素ではなく抑毛成分で毛根にアプローチするので、即効性はないものの、どんなタイプのムダ毛にも効果が期待できます

 

このように、IPL脱毛とSSC脱毛は似て非なるもので、それぞれに違う特徴を持っています。どちらの効果が高いかというよりは、得意な毛質や痛みの強さに違いがあるので、自分に合った脱毛法を選びましょう。

スピード脱毛