脱毛期間中に毛抜きを使った自己処理が駄目な理由とは?

毛抜きは、コストもかからず根元から抜けるので持続性もあります。しかし、脱毛期間中には毛抜きを使った自己処理は絶対に禁止です。自己処理は毛抜き派という方は、その理由をきちんと理解しておきましょう。

 

毛抜き

 

脱毛の効果が出なくなる

 

一般的な脱毛は、レーザーもしくは光を使って施術をします。この施術では、ムダ毛のメラニン色素に光を反応させて熱を発生させることで脱毛を行います。つまりメラニン色素がない状態では、光を照射しても熱を発生させられません。

 

熱が発生しなければ毛根にダメージを与えられないので、当然ですが脱毛効果もなくなってしまいます。毛抜きを使ってしまうと、根元からムダ毛を抜くことになるため、メラニン色素もなくなります

 

どんなに実績を持つ脱毛サロンや効果が高いクリニックであっても、対象となるメラニン色素がなければ脱毛はできません。これはカウンセリングの時に、脱毛の仕組みとともに説明されることもあるので、聞き逃さないようにしましょう。

 

肌トラブルのリスクが高くなる

 

もともと毛抜きによる自己処理は、カミソリと並んでやってはいけないムダ毛の処理方法とされています。その理由は、肌へのダメージが大きいからです。毛抜きで抜く時には、強い痛みを感じることが多いですね。

 

ただ、痛いと思っても一瞬なので、自分はそれでダメージが治まったと思ってしまいがちです。しかし毛穴の周りの皮膚炎症を起こしているかもしれませんし、見えないだけで皮膚が裂けてしまうこともあります。このような状態で脱毛の施術を受けると、さらに大きなダメージを与えてしまいます。

 

脱毛期間に刺激を与えるのはダメ

 

肌に優しい脱毛法であっても、100%ダメージがないということではありません。毛根に高熱を発生させるのですから、少なからずダメージを与えるのは当たり前と言えるでしょう。そこに毛抜きのダメージが加わったらトラブルのリスクも高くなるため、毛抜きは絶対に使ってはいけないのですね。

 

もし、間違えて毛抜きで処理をしてしまった場合は、施術の日を変更しましょう。ただキャンセルのペナルティがある脱毛サロンの場合は、事前にスタッフに相談してみてください。

スピード脱毛