チラホラ目にするプラズマ脱毛とは?光や医療脱毛とは何が違うのか?

脱毛方法を調べていると、プラズマ脱毛という方法をチラホラ目にすることがありますね。

 

光脱毛ではなく医療脱毛でもないプラズマ脱毛はどのような脱毛法なのでしょうか。

 

ここでは、プラズマ脱毛についてご説明します。

 

プラズマ脱毛とは?

 

プラズマ脱毛は、キセノンフラッシュという光を使った脱毛方法です。

 

大きなくくりで言えば、光を使っているので光脱毛の一種とも言えます。

 

それなのに光脱毛と区別されるのは、キセノンはもともとガスだからです。

 

キセノンフラッシュは、キセノンというガスが放電することで光を発生させたものです。

 

また、プラズマ脱毛ではキセノンフラッシュを直接脱毛部位に照射するのではありません。

 

特殊な偏光フィルムを通して脱毛部位を照射し、ムダ毛の黒い色に反応させて毛根にダメージを与えます。

 

2つのフィルターで有害な光をブロックできるので、肌へのダメージが少なく、痛みもほとんどないのが特徴です。

 

光や医療脱毛との違い

 

脱毛の仕組みに関しては、毛根組織にダメージを与えてムダ毛の成長を阻害するので、光や医療脱毛と同じです。

 

カギとなるのはメラニンですね、メラニンに熱を持たせてドッカーンと毛根を破壊するのが脱毛の一般的なメカニズムです。

 

ただし、脱毛効果に関しては光や医療脱毛より劣るというのが一番の違いです。

 

プラズマ脱毛は専用フィルターを通して施術を行います。

 

そのため肌に優しいのですが、反面毛根組織へのダメージも光の施術方法より弱くなってしまうのです。

 

また現時点では永久脱毛効果が認められているのは医療脱毛だけです。

 

そのため光はもちろん、プラズマ脱毛も永久脱毛効果はありませんから、医療脱毛のような効果は得られません。

 

さらにダメージが弱いということは、たくさん施術を受ける必要があります。

 

ですので光や医療脱毛より施術回数が多くなる、その分費用も高くなってしまうのも違いと言えるでしょう。

 

光や医療脱毛との違いを見てみると、プラズマ脱毛はまったく効果がないように感じるかもしれません。

 

ですが、プラズマ脱毛には1回の施術料金が安い、痛みがほとんどない、美肌効果があるなどのメリットもあります。

 

効果が出るのが遅くても、1回の費用負担を軽くしたい、痛みに弱いという方には向いている脱毛法と言えます。

スピード脱毛