背中ニキビが酷い場合の脱毛について、どの脱毛法が適しているのか?

背中は直接見れない部分なので、気がついたらニキビが酷く悪化していたなんてこともあるでしょう。

 

背中脱毛の施術風景

 

背中ニキビの原因の一つとなるのが産毛です。

 

びっしり生えた産毛が、皮脂汚れを詰まらせたり通気性を悪くしたりするので、脱毛することがニキビの改善につながります。

 

背中ニキビが酷くても脱毛できるの?

 

基本的に、背中にニキビが出来ていても脱毛は可能です。

 

ただし、どんな状態でも施術が受けられるというわけではありません。

 

ニキビの状態によっては、施術が断られてしまいます。

 

  • ニキビが炎症して赤いブツブツになっている
  • 炎症が進行して赤黒い状態になっている
  • ニキビの範囲が広すぎる
  • 黄ニキビや紫ニキビなど化膿した状態になっている

 

これらの状態の場合は、光脱毛を採用している脱毛サロンでは断られてしまうので注意しましょう。

 

逆に言うと、ここまで酷くなっていなければ、光脱毛の施術も受けられます。

 

背中ニキビに適した脱毛法

 

白ニキビぐらいであれば、IPL脱毛でもSSC脱毛でも問題なく脱毛できます。

 

関連:IPL脱毛とSSC脱毛は似て非なるもの!それぞれの特徴や違いとは?

 

ただし、こういった光脱毛は肌の内部に熱が発生します。

 

ニキビが進行している場合、患部に熱のダメージを与えてしまうと、そのせいで悪化する可能性があります。

 

光脱毛では普通の肌でも炎症などのトラブルが起こることがあるので、ニキビ肌の場合はよりトラブルのリスクが高いのです。

 

ですので、絶対に悪化させずに脱毛するのであれば、スピード脱毛でも評判のSHR脱毛が適していると言えるでしょう。

 

SHR脱毛は一度に強い熱を与える脱毛ではなく、低い熱を肌に蓄熱させるだけなのでニキビを刺激しません。

 

痛みも少ないですから、水分量が少なくなっているニキビ肌でもそのまま施術ができます。

 

ニキビ部分を避けて施術をすることもありませんし、処理ムラも防げるので、背中ニキビにはSHR脱毛が適していると言えるのですね。

 

いずれにしても、背中ニキビがある場合は脱毛をすることもニキビ対策の一つとなります。

 

原因を取り除けばニキビの悪化や再発を防ぐことにつながります。

 

肌を露出する季節には、他人から見えやすい部分なので、しっかり脱毛して背中美人を目指しましょう。

スピード脱毛